カラーリング褪色,ヘアケア

 

ヘアカラーを長持ちさせる方法!綺麗な髪色で若々しさを発揮!

何故カラーリングは褪色してしまうのか

せっかく気に入ったカラーの仕上げたのに、なぜか数週間で褪色してしまう事ありますよね。
こんなカラーじゃなかったのに!なんて、ガッカリする事も多いと思います。

カラーリングが短期間で褪色してしまう事には、原因があります。

・入れ込んだカラーなの定着しない
カラーリングは強引に入れ込んだカラーのような存在なので、髪の毛に定着はしません。その為、時間が経つごとに色素がはがれやすくなってしまいます。

・なんと!髪の毛自信が元から持つ色素も一緒に剥がれる
一緒に髪自体の色素も剥がれてしまうので、保水力が減退して艶も無くなってしまいます。染めて数週間経ったら髪の毛がバサ付いたり艶が無くなるのは、これらの作用からです。

・市販のシャンプーは刺激が強い
市販で売られているシャンプーは、想像以上に洗浄力が強いそうです。その強さに勝てず、どんどん褪色してしまいます。

何気なくやっている習慣が褪色を招く

・整髪料の使い過ぎ
ムースやスプレーワックス等を使うのは良いですが、それを落とすためにシャンプーの量が増えてしまいます。シャンプーばかりすると、すぐに褪色してしまいます。

・ドライヤーのし過ぎ
髪の毛に高熱を与えすぎるとキシキシ髪の毛になり、カラーが定着出来る髪質ではなくなってしまいます。薄っすらついた程度のカラーは、シャンプーによりすぐに落ちてしまいます。

・濡れた髪の毛を乾かさない
髪の毛は濡れた状態が続くと、カラーリングの定着が出来なくなります。髪の毛が濡れたら、すぐに乾かすようにしましょう。

カラーリングをした後に気を付けるポイント

カラーリングをした日は、お風呂に入らないようにしましょう。
シャンプーしなければいいでしょ?と思うかもしれませんが、お風呂場の水蒸気がカラーリングを定着させません。
カラーが浮いた状態になってしまうので、すぐに褪色に導いてしまいます。

カラーリングをしたら、2日間はシャンプーを控えるようにしましょう。
そして、極力髪の毛を濡らさない努力をしましょう。
たったこれだけでも、カラーリングの褪色はかなり減りますよ。

保湿性の高いシャンプーを使おう

髪の毛の保湿性が高いと、カラーリングがしっかりと固定してくれます。
ヘアサロン等でカラーリングをした際に浸かってくれるシャンプーは、保湿性の高いシャンプーを使っています。
その為、髪質も良くなりカラーリングが定着してくれます。

アミノ酸やコラーゲン配合のシャンプーは、髪の毛の保湿力をグッと高めてくれます。
髪の水分量を保つ事が出来るので、パサつかなく健康な髪の毛になります。
褪色防止に役立ってくれますので、是非チャレンジしてみましょう。

ヘアオイルでヘアケア

ヘアオイルは保湿力があるので、髪の毛のダメージを防ぐ事が出来ます。
髪の毛が健康になり、カラーリングをしっかり捕まえてくれるので、褪色しづらくする事が出来ます。
ヘアカラー後の1週間は、髪の毛の水分が極端に減ってしまいます。
その為、ヘアオイルで保湿して念入りにケアをしてあげると、褪色を軽減させる事が出来ます。

ヘアオイルは、市販のドラッグストア等で売っている物でOKです。
今は、香りのいい物や可愛いボトルの物も販売されているので、持って使うのも女子力がUPしますよ。