治療を行うスタッフは男性?女性?

サラリーマンが働きながら包茎クリニックに通うことは可能なの?

包茎治療を受けたいと思っている男性にとっては、医師やスタッフの性別も気になるところです。

 

その辺りの実情がどうなっているのか、また泌尿器科と比べてどうなのか、詳しく調べてみました。
これから包茎クリニックを受診される方は、ぜひここをチェックしておいてください。

 

 

 

 

 

男性のみのクリニックが増えている

 

気になる包茎クリニックのスタッフの性別ですが、基本的にはクリニックによって異なります。

 

執刀医もスタッフも男性のみで形成されているところもあれば、女性がいるところもあります。
もちろん絶対的な決まりのようなものもありませんし、
それぞれのクリニックの判断でメンバーが構成されているのが実情です。

 

しかし、現実にはプライバシーの保護の観点から、
スタッフを男性のみにして対応するクリニックが多くなっています
どうしてそうするかというと、女性のスタッフがいると男性患者が足を運びにくくなるからです。
同性の男性であれば安心することができ、治療や手術も決心しやすくなるのです。

 

 

泌尿器科は女性のスタッフもたくさんいる

 

では、泌尿器科はどうなっているのでしょうか。
実は泌尿器科では、女性の執刀医やスタッフがたくさんいます
その理由は、泌尿器科で扱う病気は包茎だけでなく、
膀胱炎など女性がかかる病気もあるからです。
そのため男性だけでなく女性スタッフも必要になるのです。

 

一方、包茎クリニックはあくまでも包茎専門であり、女性の病気を扱ってはいません。
そのためわざわざ女性のスタッフを雇う必要はなく、男性のみで構成することができるのです。
こうした違いについても覚えておくといいでしょう。

 

 

性別だけでなく治療技術にも注意を払う

 

包茎クリニックのスタッフの性別について、あれこれと心配をするのは当然のことです。
しかし病院を選ぶ際、そのことだけに心を奪われて、
別の大事な要素を見過ごしてしまわないよう注意してください。

 

その大事な要素とは、クリニックの手術実績と治療技術です。
例えスタッフが全員男で安心できたとしても、実績と技術がなければ、治療を成功させることはできません。
また、成功できたとしても仕上がりの完成度を高めることができません。

 

したがってスタッフの性別を意識しつつ、優秀な医者とスタッフがいるクリニックを探し出せるようにしてください。

 

包茎クリニックのスタッフは男性も女性もいますが、現在は男性スタッフのみのところも増えているようです。
一方、女性の病気も扱う泌尿器科には、女性のスタッフも多くいることを覚えておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ